読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT日記

IT関連製品についての日々の感想など

Windows10 anniversary update適用後の電源ボタン

自宅のデスクトップPCにもWindows10 anniversary updateが適用されました。

 

特に目立った変化は感じていなかったのですが、スタートメニューの配置が変わった関係で、キーボードでスリープさせる操作が少し変更になったようです。

 

以前は、Windowsキー → → Enter で出来ていたのですが、Windowsキーの後に→を押しても何も出なくなりました。Cortanaの入力ウィンドウが選択された状態になります。

 

物理的な電源ボタンにスリープを割り当てておけば一発ですが、デスクトップPCの本体が机の下にあって少々押し辛いため、できればキーボードからスリープさせたいです。

 

以下いくつかのキーボード操作でスリープさせることは出来ました。

  1. Windowsキー Tab Tab ↓ ↓ ↓ ↓ Enter Enter
  2. Ctrl+Alt+Delete ↑ Enter Enter
  3. Windowsキー+X U S

 

3つ目がいちばん早そうです。

 

間違えてUを2回連打してしまうとシャットダウンになるので少し緊張しますが。

 

 

f:id:narazuketabeta:20161015155704p:plain